クルマ屋のプロが実践している絶対オススメ!プロも選ぶ車の買い方

家族でのお出掛けや日々の買い物に、保育園の送り迎え・・・。子育てファミリーに自動車は必須だけれど、住宅資金など目の前の難問や子どもたちの教育資金など、おカネのことで悩ましい世代でもあったりして。

そこで軽自動車が安い!」と評判のK-Smile(ケイスマイル)宇治店の岸本店長に、かしこく上手な車の買い方について聞いてみました。

目次

軽自動車をどこよりも安く!

── 家族のサイズ感や使い勝手を考えて、軽自動車の購入を検討しています。

岸本店長 ケイスマイルは軽自動車専門店で、国産メーカーの軽自動車、オール車種が揃っています。 新車、中古車ともに、どこよりも「軽が安い」というのが当店のモットーです。

── どこよりも!? どうして新車を他店より安く買えるのですか?

岸本店長 ヒミツは超低金利ローン実質1.9%という年利で、最長120回10年ローンを提案させていただいています。

たとえば100万円の新車を購入された場合、年利1.9%の120回ローンだと月々のお支払い額は9,200円で、合計お支払い額は1,098,800円。新車本体の価格が一緒でも、金利が違うとお支払いいただく総額に差が出てくるのです。

また、頭金0円・ボーナス払い0円でご購入いただけるのも当店の強み。まとまったお金をご用意いただく必要がないので、 生活全体の資金計画を立てやすくなります。もちろん、ご要望があれば頭金やボーナス払いを設定することもできますよ。

── 利息部分の支払いが1年ぐらいで終わってしまうのですね。

岸本店長 はい。ローン残額の支払い負担が小さいので、次の車への乗り換えも早い時期に検討していただけます。

プロも選ぶ 車の買い方!

── 軽自動車の新車を安く購入できるというのは、子育て中の若い世帯には、本当にうれしいです!

岸本店長 当店が低金利ローンでのご購入をおすすめするのには、理由があります。実は、車の購入は現金一括でと、おっしゃるお客さまはけっこう多いです。毎月引き落とされるローンを「借金をしている」ように感じられるのでしょうね。

でも、コロナ禍や物価高など心配なことがいろいろ起こる昨今、リスクマネジメントの意味でも、まとまったお金を手元に置いておくことは大切です。それに子育て世代なら、将来に向けて教育資金も貯めていきたいところ。そうしたことからも、 ローンでのご購入をおすすめしています。

── なるほど。子育てファミリーにとって、無理がなく負担の少ない買い方なんですね。

岸本店長 低金利ローンと合わせてご提案しているのが、資金の運用投資です。クルマ屋さんが「投資」なんて言うと驚かれそうですが(笑)。たとえば、「NISA」という言葉を聞いたことはありませんか? 国がすすめる少額投資非課税制度で、銀行に預けてもほとんど増えることがない資金をNISAで運用しませんか、というわけです。

── 投資って難しそうで不安です。

岸本店長 とくに少額から積立・分散投資できて、投資初心者でも利用しやすい「つみたてNISA」なら安心してご利用いただけますよ。現金で購入しようと用意した100万円を、先ほどお話ししたローンと同じ10年、月々9,200円としてつみたてNISAで運用(年利3%)すると、合計積立額は1,285,621円に。

2022.11.8 金融庁HP.資産運用シミュレーションページにて※2

ローンの利息98,800円を大きく超えます。新車を手にしながら、教育資金など将来のために積み立てていける。

実はこの方法、クルマ屋さんのスタッフが絶対買う買い方なんですよ。

ディーラーとは違う地域密着型のお店

── 車を購入しながら、家族や子どもの将来設計まで考えていけるのですね。

岸本店長 車の保証はディーラーさんでのご購入と同様に受けられますし、自社工場を併設しているのでご購入後のメンテナンスも安心です。でもそれ以上に、地域密着型の店として、お客さまのライフステージまで親身に考えたご提案ができる。 そこがディーラーさんとの違いだと思います。

クルマ屋さんなので車が一番ですが、あくまでも生活の一部であって第一優先ではない、という考えです。たとえば新居の購入と時期が重なってしまった場合にどうすればいいかなど、ただ車の購入についてだけではなく様々なお話を伺い、一緒に考えていくようにしています。ですから、話を聞くだけ、相談するだけでも、お気軽にご来店ください。

スタッフ一同お待ちしています。


※預貯金などとは異なり、投資信託は元本が保証されていないので、場合によっては損をする可能性があります。ただし、長い目で見て投資をすることで、収益を安定化させたり、配当を受け取る回数が増えたりすることが期待できます。また、一度に全額を投資するのではなく、毎月一定額を積み立てて投資することで購入単価を平準化することができ、時間分散によるリスク軽減効果も期待できます。よって、長く運用を続けることが投資を成功させるポイントといえるでしょう。また、投資信託で運用を行うには、購入時に必要な販売手数料や、運用時にかかる信託報酬などの手数料がかかるため注意が必要です。
※2.金融庁HP.資産運用シミュレーションHPより 【免責事項】・本シミュレーション結果は、ご入力いただいた項目に基づき算出した概算値です。手数料、税金等は考慮しておらず、実際値とは異なる場合があります。・本シミュレーションのいかなる内容も、将来の運用成果を予測し、保証するものではありません。・本シミュレーションは、特定の金融商品の取引を推奨し、勧誘するものではありません。・情報の正確性には万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性、信頼性等を保証するものではありません。・本シミュレーションの内容については、予告なく変更される場合があります。・本シミュレーション及び掲載された情報を利用することで生じるいかなる損害(直接的、間接的を問わず)についても、当庁は一切の責任を負うものではありません。実際の資産運用や投資判断に当たっては、必ずご自身の責任において最終的に判断してください。 【本シミュレーションの前提条件】・年一回の複利計算をしています。・計算結果は小数点以下を四捨五入しています。・本シミュレーションでは、JavaScriptを使用したサービスを提供しています。JavaScriptが有効に設定されていない場合、正しく機能しないことがありますので、その場合はJavaScriptを有効にしてご利用ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる